© KATHERINE LU

STREETOLOGY

店舗
シドニー, オーストラリア
30㎡

PROJECT DESCRIPTION

直径100mmを基本単位としたプラスチックの筒の中に、Tシャツが収納されて販売されている。幅100mmX高さ1,500mmを基本単位とした棚には、その筒を合計で縦に15個収納できる。そして、その棚を170列"反復"させ、合計で2、550枚のTシャツを展示できるようになっている。Tシャツが一枚売れていくと、棚から一つずつプラスチックの筒が消失していく。このTシャツチューブの棚は売れ筋を視覚化するシステムを構築し、一単位だけでは在庫量が上下に推移する動きだったものが、170列繰り返されると、その動きは左右へと「模様」として広がっていく。

「ストリート学問」という学問は存在しないが、この店は、街の流行を視覚的に映し出す。「今街で何が流行っているのかな」と雑誌の一ページをめくるような感覚で買物をすることほど、ワクワクする事はない。

PUBLICATION

AWARD